ホーム > 授業 | 研究 > ゼミと輪講

ゼミと輪講

今日はゼミと輪講。
どちらも担当は谷君。

内容も相関関係があり、とても面白かった。

谷くんはどんどんのめり込んでいて、研究が面白くて仕方ない模様。

頼もしい限りである。

このままどんどんのめり込んで欲しい。

谷君、
のめり込んだものだけにしか分からない楽しさを共有しましょうね。

夜は映画「ラッシュ プライドと友情」をみにゆく。
ちゃんと確認したはずなのに、見に行った上映時間は、吹き替え。

チケット購入するとき、「吹き替え版は終了後得特典映像がありますので」と教えられる。

どんな特典映像かなあと思って楽しみにしていたら、なんと・・・(まだ見てない方がいると思うので内緒)。

私がF1を熱心に見だしたのは、中島悟さんがフル参戦してから。

ただその前にたまたま富士スピードウェイでやっていたのをテレビで見たことがある。
そのとき強烈な印象に残ったのが、ジェームズ・ハントさん。
F1も何も知らず、始めて、たまたま見たテレビで、である。
だからその名前はずっと私の心に残っている。

ニキ・ラウダさんの方はF1を見ていたころによく話題になったし、ご本人もときどき登場していたので、懐かしい。
事故のこともそのときに知った。

しかし今回映画というかたちで見て、改めてその凄さを感じた。

ホーム > 授業 | 研究 > ゼミと輪講

カレンダー
« 2018 年 11月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
リンク
中森康之研究室
武道部
俳文学会
現象学研究会

ページトップに戻る