ホーム

中森康之ブログ

TOEIC IPテスト 4年生

今日はTOEIC IPテスト4年生。

時間は昨日と同じ。

今日も谷くんと二人で無事終了。

みなさん、お疲れ様でした。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

TOEIC IPテストと入社報告

今日はTOEIC IPテスト。

試験時間は2時間1分。

なんと微妙な。

補助の谷くんと無事終えることができました。

明日は8時30分集合。

もう一つ、嬉しい報告。
武道部の卒業生のヨシダくんから入社報告メールをもらった。

毎年、4月1日か2日に、何人かから「無事入社した」という報告を頂く。
ほんとうに嬉しいことである。

武道部で学んだことを十全に発揮して下さいね。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

久しぶりに家族でお出かけ

今日は久しぶりに家族で一宮の方へお出かけ。

ほんとうに久しぶりでした。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

TOEIC IPテストの実施説明会

今日は2日、3日に行われるTOEIC IPテストの実施説明会。

結構たいへんです。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

久しぶりの休日

今日はだいぶ疲れがたまっていたのと雨だったので、一日ゆっくり寝てました。

特になにもないおだやかな一日でした。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

Evernoteのサポート

私はEvernoteのプレミアム会員である。
あと3時間でアップロード容量がリセットされる時点で、残り約10MB。
ばっちりだと思っていたら、3時間たってもリセットされない。
「あと30日(29日?)後にリセットされます」という文章に変わっているのに、リセットされない。

このまま一ヶ月使えないと困るので、サポートに連絡した。

数時間後、無事リセットされていた(つまりもう少し待てば良かったようである)。

サポートも返信がとても早く、かつ丁寧で驚いた。

これほど充実しているとは。

昔、PCなどのサポートに何時間電話しても繋がらないことが何度もあった私としては、驚くばかりである。

アップルといいEvernoteといい、最近はサポートを大切にしてくれていて嬉しい。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

出席管理システム導入

朝研究室でメールを確認すると、「来年度から本学で出席管理システム導入が導入されることになった。ついては今日説明会があるから出席せよ」という旨のメールが届いていた。おいおい、当日ですか、と思いながら出席した。

学生さんが教室に入るときに、学生証をピッとやるらしい。

これが大学の授業にどのような影響を及ぼすのかよく分からない。
学生の心理にどのように影響するのかも分からない。

始まってしばらくしたら学生に聞いてみたい。

ただ言えるのは、学生証忘れると大変ですね、ということである(もちろん救済措置は用意されているが、面倒くさい)。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

新しい境地

昨夜の武道部の稽古で、新しい境地に達しました。

イワサキ君のおかげで、それがはっきりわかった。

稽古を続けて確実なものにしたい。

そしてさらに先の境地に行きたい。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

武道的思考で就活

きのうヨシダくんが教えてくれた。

彼の後輩が、私の日本文化論をうけて、武道的思考で就活をしているという。

具体的にはどうしているのかわからないが、授業で話したことに共感してくれて、試してくれていることが嬉しい。

反発されることも多く、傷つきまくる授業であるが、こういう話を聞くと、また頑張れる。

いよいよ来年度の授業が始まるので、いいタイミングで勇気をもらえた。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

ヨシダくん

昨夜から体調不良で、午前のゼミはお休みにしてもらった。

午後から、ヨシダくんが、卒業の報告と、研究室旅行のお土産をもってきてくれた。

研究室の学生は来ないのに、武道部の学生はたまに、卒業式の日か翌日に卒業報告に来てくれる。とても嬉しい。

あと何か話し忘れたことがあったような・・・

とヨシダくん。

これが彼の言い方なのである。

ということでしばらく雑談をする。

体調の方はよくならないので、早く帰って寝た。

  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

ホーム

カレンダー
« 2018 年 11月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
アーカイブ
リンク
中森康之研究室
武道部
俳文学会
現象学研究会

ページトップに戻る